2010年12月16日

おすすめ整理整頓法

こんにちは!
ありがとう書店 中村です!
http://www.thanksthanks.net/

今日は、
ぜひおすすめしたい、整理整頓法のお話です。

兼業主夫でもある中村の悩みは
「家が片付かな〜い」ということです。

片付けても、片付けても、
次の日には子ども達が散らかしてくれます。


おまけに
モノが多く掃除や整頓も簡単ではありません。


  「掃除が大事」


とわかっていても
つい億劫になっちゃいます。  ●モノが多い   → 

  ●掃除が大変   → 

  ●掃除をしない  → 

  ●さらに散らかる



この悪循環・・・・
なんとかしなきゃ、と考えていました。

そんな中村が3ヶ月前に出会ったのが、

 「断捨離(だんしゃり)」

という整理整頓法です。

これで、
中村家は劇的にモノが減り、
すっきりとした家になりました。


月一で来る友人からは、
「突然、部屋がすっきりしましたね!」
と、驚かれています。

片付けたいけど、片付かない・・・

断捨離はそんな方に
おすすめの整理整頓法です。
ご紹介します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  「断捨離」だんしゃり とは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

断捨離は やましたひでこ さんが提唱する
新しい整理整頓法です。

「ゲゲゲの」でおなじみの
2010新語流行語大賞にノミネートされましたので、
ご存じの方も多いと思います。

また、関連書籍は60万部を突破し、
あちこちのテレビや雑誌に取り上げられています。



最近では
9月にテレビ東京系のニュース番組、
ワールドビジネスサテライトで放送され、

12/10はテレビ朝日系の
スーパーJチャンネルで特集が組まれました。

さらに複数のテレビ取材が平行して行われているそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ※断捨離がよくわかる9分ほどの動画です。
  興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓

  テレビ東京系ニュース番組 ワールドビジネスサテライト

 【動画】執着を手放す 断捨離 9/13放送
  http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/highlight/img20100913_wb_o1.html

  ※中央の画像をクリックして下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

では、

今までの整理整頓法と断捨離は
どこがどう違うのでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  簡単な整理法「断捨離」だんしゃり
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やましたさんは断捨離を次のように定義しています。

  断:家に入ってくるいらないモノを断つ
  捨:家にはびこるガラクタを捨てる
  離:モノへの執着から離れ、ゆとりある”自在”の空間にいる私

つまり
収納上手になるのではなく、
収納するモノ自体を減らす「マイナスの解決法」です。

「足し算の生活から引き算の生活へのシフトチェンジ」
とやましたさんは本に書かれています。

これを病気に例えれば、
断捨離は対症療法ではなく原因療法になります。

痛みなどの症状を抑えるのではなく、
痛みの原因そのものを取り除きます。

どんなに収納スペースが多くても、
モノが増え続ける限りいつかは破綻します。
たとえ収納テクニックが優れていてもです。

 ・今の自分に必要なモノ「以外」は手放す。

 ・家に入ってくるいらないモノを断つ。

ピピ〜ンときた中村は
9月中旬より断捨離に取り組みました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  実際に断捨離を実践してみました♪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ところで

 「不要なものを捨てましょう!」

と言っても、
これがなかなか捨てられません。


 「まだ使える」
 「もったいない」
 「思い出がある」
 「後で必要になったら困る」
 「高かった」 

理由はいろいろ。
基準も人それぞれです。

これではいつまでたっても片付きません。


中村が感じた断捨離のいいところは
「捨てる基準が明確」なことです。

  基準1:主役はモノではなく自分
  基準2:時間軸が今

今の自分が必要なモノ ”以外 ”をひたすら手放します。


たとえば、「まだ使える」はモノが主体の発想です。
これでは何年経っても不要品を処分出来ません。

「私が使う」「私は使わない」
自分を基準に判断します。


「後で必要になるかも」
は時間軸が”将来”で”今”ではありません。
今、自分に必要なモノ以外は処分します。

ひたすら、
今の自分に必要か、自分自身に問いかけます。


ちなみに中村が断捨利したのが

 ・頂いたまま10年以上使っていない食器たち
 ・トイレ・換気扇・洗面専用と名前のついた洗剤たち
 ・サラリーマンの時のスーツ
 ・何年も食べていない食料品など 
 ・モノが減った結果いらなくなった収納家具 です。

モノを基準に考えればまだ使えます。
しかし、「今」「自分」を基準にして断捨離をしました。


断捨離を実践すると

  ●モノを捨てる →
  ●収納家具が不要になる →
  ●収納家具も捨てる →
  ●部屋が片づく。掃除がしやすくなる →
  ●さらにモノが捨てたくなる (繰り返し)

というサイクルになります。

部屋が片付いて、心地よい空間になりました。
当然モノを探す時間も大幅に減ります。


3ヶ月の断捨離で中村は400キロ以上のガラクタを処分。
いかに必要の無いものに囲まれていたかわかります。

断捨離には特別の技術もお金も家具もいりません。
ひたすら手放し、入ってくるモノをブロックするだけ。


かたづけてもすぐに元通り・・・ という、
リバウンドが無いのも断捨離のメリットです。
いらないモノが少なくなっているからです。


ガラクタが占有している部分の家賃や
片付けや探しものに費やすムダな時間・・・

それらを生涯節約できると思えば、
「断捨離には100万円以上の価値はある」
と、中村は考えます。

まだまだ断捨離の途中ですが、
中村の家はすご〜く片付きました。


今年の年末年始は
すっきりとした部屋で過ごせそうです♪
みなさんもよかったら試してみて下さいね♪

またメールします。
ありがとうございました!!

PS

断捨離には
家族などの抵抗勢力(笑)がある場合があります。

その場合、
自分の出来る範囲から取り組むといいようです。

他人を変えるのは困難ですが、
自分を変えることは出来るからです。

まず自分が実践することで、
後でまわりが協力的になる場合も多いようです。


また

掃除で有名な鍵山秀三郎さんによると、
掃除のコツは「狭い範囲を徹底的にやること」です。

引き出しひとつ、扉ひとつから
気軽に取り組んでみてくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ※やましたひでこ公式HP ◆断捨離.com◆ 
  日々是ごきげん 今からここからスタート
  http://www.yamashitahideko.com/

 ※断捨離がわかりやすくなる動画です。

  テレビ東京系ニュース番組 ワールドビジネスサテライト
 【動画】執着を手放す 断捨離 9/13放送
  http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/highlight/img20100913_wb_o1.html
  ※中央の画像をクリックして下さい。

  こちらもオススメ動画です。
 【動画】だんしゃりビデオクリップ
  http://www.youtube.com/watch?v=2OPSIODNwa0

  断捨離でお部屋がどう変化するのかがよくわかります。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    あ  と  が  き
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

小林正観さんは
本でつぎのように書かれています。

・・・・・・・・・・・・・・
  この「我欲」「執着」「こだわり」という
  精神的なゴミを取り去るにはどうすればいいかと言うと、
  掃除をすること。

  精神的な掃除ではありません。
  本当の掃除をするのです。

「お金と仕事の宇宙構造」P62 ゴミを取り除く より
 http://www.thanksthanks.net/product/7
・・・・・・・・・・・・・・

正観さんによれば
ダム湖の導管を通じて川が私たちに
流れ込んでいるそうです。

このダム湖が私たちのエネルギー源。

このエネルギーは、
お金、愛情、友情、おいいしものなど、
私たちを元気にしてくれるものです。

どうやらこのエネルギーの流れをせき止めているのが
「我欲」「執着」という精神的なゴミらしいのです。

思うに、
精神的なゴミは目に見えません。
従って取り除くのも容易ではありません。

だからこそ、
今の自分に必要なくなったモノを
感謝とともに処分することが大事なのだと思います。

  「掃除」と「断捨離」

これで人生の流れがスムーズになるかもしれません。

最後まで
ありがとうございました♪


posted by ありがとう書店 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ バックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。