2010年12月12日

受け入れられないときの対処法

こんにちは!

小林正観さん専門店@ありがとう書店 中村です!
http://www.thanksthanks.net/



先日、読者の方からご質問を頂きました。
今日はその質問について考えてみました。



●読者さんからのご質問


今、とても悩み事があり、
正観さんのように受け入れようと思ってみていますが
なかなか難しいです。

中村さんはそのような時はどのようにしてますか?




●中村のやっていること



大抵の悩みは


 「人生は100%シナリオ」
 「人生は全て自分の設計」


という考え方を採用し、軽く流しています。




何があっても


「自分で書いたシナリオだから」


で済ませられるからです。


現状を受け入れやすくなるナイスな考え方だと思います。



しかし、
これから先の人生が100%決まっていると思うのも、
ちょっと違和感を感じることもありました。


シナリオはあっても筋書き通りでないことが
人生ではきっとあると思うからです。





そこで最近は少し考えを変えています。




どう変えたかというと


 「いま突然、自分は生まれた」


と考えるようにしたんですね。ご紹介します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


これは阿部敏郎さんの本に書かれていた方法です。



  自分の現状を過去からの流れの中で考えずに、
 「いま突然、自分に与えられた」って考えるんだ。


   阿部敏郎 著「いまここ」ダイヤモンド社


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


映画やドラマはあらかじめ決められた状況から
突然ストーリーがはじまりますよね。


年齢、性別、職業、地位、人間関係、などなど。


映画の主人公は与えられた状況から、
次々とストーリーを展開していきます。



同じように、
現在の自分は「いま突然、与えられた」と仮定するわけです。

「いま生まれた」でもいいと思います。



すると、
過去をくよくよする必要はないわけです。
いま生まれたわけですから。


現状を受け入れて
ベストの選択と行動をするだけです。


いかがでしょうか?





実際に中村がこれをやってみると、


「なぜあんなことしちゃったんだろう」とか、

「やっぱり違う方を選べば良かった」


といった後悔をあまりしなくてすみます。
過去への悩みはかなり少なくなりました。



次に将来の心配ごとは


「明日のことは、明日の自分がなんとかする」


で乗り越えます。


これで残り半分の心労も軽減されます。


あとは目の前の事に取り組むだけ。




この考え方は正観さんに近い部分もあり、
最近中村のお気に入りです♪




中村は調子の悪い日に、
一日10回くらい人生をリセットしております(笑)
































  チ〜ン・・・(鐘の音、人生リセットのイメージ)






















 「いま突然、自分に与えられた・・・」






 「自分は今日、生まれた・・・」

















 「では、ベストの選択は?」










よろしかったら試してみて下さいね。
ありがとうございました♪




posted by ありがとう書店 at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ バックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。