2009年11月28日

人生を左右する「かもの法則」

こんばんは。
小林正観さん専門店@ありがとう書店 中村です。
http://www.thanksthanks.net/

お待たせしました!
宝来社さん発行のうたしショップ限定本が出ます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
12/16 小林正観さん限定本新刊
UFO研究家との対話 〜ちょっと変わった宇宙論〜
http://www.thanksthanks.net/product/411
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ただ今、予約受付中です。


●ところで
最近、法則がブームのようです。

ちょっと調べただけで

鏡の法則、「原因」と「結果」の法則 、
復縁・復活愛の成功法則、引き寄せの法則 などたくさんあります。
なんと 法則の法則(笑)という本までありました。

恋愛・幸運・金銭・成功・人間関係などあらゆる分野で
法則本が出版されており、結構売れているようです。

 正観さんも「法則」をよく使われますね。

 ・そ・わ・かの法則
 ・人生を楽しくする30の法則
 ・楽しい人生を生きる宇宙法則
 ・宇宙を貫く幸せの法則 など

本のタイトルだけでも4冊に「法則」があります。
他にも「方程式」「共通項」「宇宙構造」という
言葉を多く使われていますね。

宇宙には私たちの知らない法則が多数存在し、
私たちはそれを上手く使いこなすことで
もっと楽に生きることができるのかもしれません。

ということで今日はたくさんの法則本の中から
万有引力の法則より強力かもしれない

「かもの法則」西田文郎 著
http://www.amazon.co.jp/dp/4774511986

をご紹介をさせていただきます。


かもの法則の著者、西田文郎さんは日本における
イメージトレーニング研究・指導の先駆者です。

北京オリンピック金メダルの女子ソフトボールチームの
メンタル面を指導されたそうです。

その西田さんが最近出された本が「かもの法則」です。
先日テレビでも放送されたのでご存じの方も多いと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「かもの法則」とは  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もちろん、
かもの法則の「かも」は鳥のカモではありません。

私たちが普段考えるときに頭にフッと浮かぶ

「・・かも しれない」

の ”かも” です。
将来の曖昧さを表す助詞ですね。


実はこのかもには

「肯定的かも」

「否定的かも」

の2種類の”かも”がいるそうです。

 ○ うまくいくかも・・・・肯定的なかも
 × うまくいかないかも・・・否定的なかも です。


私たちが何気なく使っているかもですが、

「肯定的なかも」を選ぶか「否定的なかも」を選ぶかによって
人生は大きく変わると本には書かれています。

ちょっと興味がわきませんか?



私たちは同じ環境でも
「できるかも」「できないかも」
と大きくふたつの見方や考え方ができます。

問題なのは後者の「できないかも」の方です。


そのまま放置すると

  「できないかも」
     ↓
  「できないだろう」   
     ↓
  「きっとできない」
     ↓
  「できっこない」


に次第に昇格していきます。


具体的には

 ・夢を叶えたい。でも、かなわないかも・・
 ・幸せになりたい。でも、なれないかも・・
 ・お金持ちになりたい。でもこのままかも・・
 ・彼女とつきあいたい。でも嫌われるかも・・

なんて考えてしまうわけです。
以外とよくあるパターンかもしれません。


最悪の場合、

 「幸せになりたい。でも、なれっこない」

になりかねません。


残念ながら私たちのの脳は
「したい」の願望より「できないかも」の予感を実現する
仕組みになっているそうです。

「できないかも」と考えると人は思考力や行動力が鈍ります。
行動をしなければ「できないかも」は簡単に達成できますね。

逆に「できるかも」と予感できた人はできる可能性が
ぐっと高まります。脳が活性化し行動力が出るからです。

結論としては
うそでいいので意識的にでも「肯定的なかもを選んだ方が得」
ということです。

シンプルな法則ですね。

最初のわずかな考え方の違いが
後に大きな結果の違いを生み出します。
能力差より思考パターンの違いが重要だそうです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
正観さんの法則との共通項
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ところで
正観さんもこれに少し似た話を本に書かれています。

●六つの精神レベル

正観さんによると人の精神レベルは
以下の6ランクに分類できるそうです。


 1.感謝される、喜ばれる
 2.感謝する。感謝できる
 3.現象を肯定的に評価。教訓や試練、栄養と考える。
 ・・・・・・・・・
 4.現象を否定的に非難。不平不満、文句、泣き言、愚痴を言う
 5.腹を立てる、いらいらする、怒る。
 6.呪う、憎む、恨む、妬む、そねむ(=社会的敵意・憎悪)

  22世紀への伝言 P29 より
  http://www.thanksthanks.net/product/1

1と6の差はとても大きいのですが、注目は3と4です。

目の前の現象を否定的に見るか、
肯定的に見るかのチョットした違いだけですね。
※私は3〜5くらいでしょうか。

そんな「精神レベル」を上げるには、
目の前の現象を肯定的に見る必要があります。
そにためには「肯定的なかも」が有効です。

なぜなら
試練や失敗は自分を成長させてくれるありがたいこと
「なのかもしれない」と考えられるからです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 具体的な実践法 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

たとえば偏差値40の高校生が

「俺は絶対東大に合格する」

と考えたとします。
ふつうは無理ですね。


しかしこれに「かも」をつけます。

「もしかしたら東大に合格するかもしれない」

これは可能性ですから絶対に合格しないとは
誰も断言できません。

このまま肯定的なかもを飛ばし続ければ
良いことになります。
奇跡が起きるかもしれません。

これは少し極端な例ですが
このように肯定的なかもを飛ばす方が
人生うまくいく可能性が高くなるそうです。

逆に

「俺は東大に合格する」
「絶対に合格したい」

と考えると頭の中では「合格しないかも」と
「否定的なかも」がうまれることになりそうです。
しかも強く思えば思うほどが「否定的なかも」が
増殖しそうです。

正観さんの言う「執着するほど願いは叶わない」
というのはこういうことなのかもしれません。


5年前、プロ野球でオールスター戦で
日本ハムの新庄選手はMVPを獲得しています。

彼はなんと北海道を出るときから
「MVPは俺のもの♪」
と思っていたそうです。

※動画投稿サイトyoutube
http://www.youtube.com/watch?v=tOWf5bYAJ6g&feature=player_embedded
※2分目過ぎにヒーローインタビューで言っています。

驚くほどのプラス思考です。

たぶん
私は新庄選手レベルのプラス思考にはなれないと思います。

でも
否定的なかもを肯定的なかもに置き換えるくらいなら
できるかもしれません。

 ・次はうまくいく かも
 ・彼女とつきあえる かも
 ・お金持ちになれる かも

多少無理があってもこれでOKみたいです。
不思議とやる気が出てきませんか?

「否定的なかも」から「肯定的なかも」へ・・・

でも、どうせ同じ飛ばすなら「肯定的なかも」を
飛ばしてみるのはいかがでしょうか?
「かもの法則」でいい方向へ変わるかもしれませんね。

もちろん考えるだけでなく行動も大切だと思います。

またメールします。
ありがとうございました♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  編 集 後 記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日群馬県にある赤城正観荘へ行ってきました。
正観さんお元気そうでした。

五時間講座や合宿が予定されています。
詳しくは(株)SKPさんのホームページをご覧下さいね。

(株)SKPさんのホームページ
http://www.skp358.com/index.html

ありがとうございました♪
━━━━━━━━━━━━
発行 :ありがとう書店 中村 聖治
URL  :http://www.thanksthanks.net/
mail :info@thanksthanks.net
住所 :959-0433 新潟市西蒲区槇島606-2 
電話 :0120-38-7358(9:00〜19:00 年中無休)
FAX  :0120-91-0064(24時間 年中無休)     
━━━━━━━━━━━━
●12/16 小林正観さん限定本新刊 ただ今予約受付中です♪
「UFO研究家との対話 〜ちょっと変わった宇宙論〜」
http://www.thanksthanks.net/product/411
●四季蓮暦など来年のカレンダーが入荷しました
2010年-11年カレンダー 四季蓮暦(しきれんごよみ)
http://www.thanksthanks.net/product-list/83
●このメルマガのバックナンバーはこちらです。
 http://thanks358.seesaa.net/
●ブログ「店長のつぶやき」はこちらです。
 http://www.thanksthanks.net/diary


posted by ありがとう書店 at 05:19| Comment(0) | メルマガ バックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。